Biography

柿崎 覚

光のある明るい風景を、油絵の具で厚塗りに描いています。ペインティングナイフだけで一手一手細かく、魅力を捉えるように描いていきます。都内の何気ない自然や、軽井沢の風景、最近ではニューヨークやフランス、イタリアにも取材し描いています。他にも花や静物、人物など色々描きます。
一見すると写真のような絵ですが、一手一手厚く塗られた迫力のある画面は、角度によっては見え方も違います。絵を見た人がその中に入っていき歩いていけるような、その場所の光や雰囲気を体感できるような絵を作り上げています。


Gaku Kakizaki

A bright landscape with light is painted thickly with oil paint.
With just a painting knife,I will painted each step in detail so as to capture the charm.
I want the person who sees the picture to feel like they are really there.
I want you to feel that you can really walk in the scenery.
I painted mainly the scenery of Tokyo and recently Paris and New York,Italy.
I am looking for a solo exhibition in various countries. 


絵肌の表面。
厚塗りなので近くで見ると抽象画のようですが、遠くで見ると写真のように見えます。

The surface of the painting skin.
When viewed from a close distance,it looks like an abstract painting,but when viewed from a distance,it looks like a photograph.

制作過程。


Production process

主にペインティングナイフで描いています。
細かい部分なども描き分けるために
数十本のナイフを使い分けます。

I mainly painted with a painting knife.I use many numbers.

経歴                                                                   

1981年 東京都に生まれる
2007年 主体展 入選(10年新人賞、
​             15年~主体美術協会会員)
2010年 武蔵野美術大学

            卒業制作 研究室賞
2011年 上野の森美術大賞展 入選
2012年 武蔵野美術大学 造形研究科
             修士課程油画コース修了
2013年 上海アートフェア出品 
         「柿崎覚展」(銀座 NICHEGALLERY 2015,2017)       
2016年 FACE展2016
             損保ジャパン日本興亜美術賞展 
         「柿崎覚展」(たましんギャラリー)
2017年 世界絵画大賞展 ​ 入賞
         「柿崎覚 油絵展」(渋谷東急本店)以後毎年
2018年 パリ取材旅行
2019年「柿崎覚 油絵展」(阪神梅田本店)
             ニューヨーク取材旅行
2020年 吉井淳二記念展 入賞
          「柿崎覚 油絵展」(名古屋栄三越)
          「柿崎覚展」(WALLS TOKYO)
2022年「柿崎覚 油絵展」(小田急百貨店)

          「柿崎覚 油絵展」(伊勢丹浦和店)

2023年「柿崎覚 油絵展」(松坂屋上野店)
             イタリア取材旅行

            「柿崎覚 展」(WALLS TOKYO)          

           「柿崎覚 油絵展」(伊勢丹浦和店) 

    現 在 主体美術協会会員

​<パブリックコレクション>
 多摩信用金庫(美術館)


Biography
1981 Born in Tokyo
        Selected for the 2007 Shutai Exhibition (10-year newcomer award,
        15-member of the Art Society of Japan)
2010 Musashino Art University
         Graduation Work Laboratory Award
2011 Selected for Ueno no Mori Art Award Exhibition
2012 Musashino Art University Graduate School of Art and Design
         Master course oil painting course completed
2013 Shanghai Art Fair exhibition
        "Gaku Kakizaki Oil Painting Exhibition" (Tokyo Ginza NICHE GALLERY)
2016 FACE Exhibition 2016
         Sompo Japan Nipponkoa Art Award Exhibition
2017  Sekaikaigataishouexhibition Awards Prize
         Every year since "Gaku Kakizaki Oil Painting Exhibition" (Tokyo Shibuya Tokyu Main           Store)
2018 Paris coverage trip

2019 New York coverage trip 

         "Gaku Kakizaki Oil Painting Exhibition" (Osaka Hanshin Umeda Main Store)

2020 Junji Yoshii Memorial Exhibition Prize

         Currently a member of the Shutai Art Association
        "Gaku Kakizaki Oil Painting Exhibition" (Nagoya Sakae Mitsukoshi)
        "Gaku Kakizaki Exhibition" (WALLS TOKYO)
2022 “ Gaku Oil Painting Exhibition” (Odakyu Department Store)
          “Gaku Kakizaki Satoru Oil Painting Exhibition” (Isetan Urawa store)
2023 Italy coverage trip 

          “Gaku Kakizaki Satoru Oil Painting Exhibition” (Matsuzaka Ueno Store)
          “Gaku Kakizaki Exhibition” (WALLS TOKYO)
            “Gaku Kakizaki  Oil Painting Exhibition” (Isetan Urawa store)
<Public collection>
 Tama Shinkin Bank (Museum)

 Artist introduction at a solo exhibition

柿崎は、小石川植物園や新宿御苑、井の頭公園といった、都心部の緑地帯に赴き、風景を描き写します。そこにあるのは、雄大な自然とは異なり、人間の管理下にある、いわば飼い慣らされた自然ですが、だからこそ安心して向かい合い、身を置くことができる穏やかで心地よい自然です。東京で生まれ育った柿崎にとって自然とはそのようなものであるのかもしれません。


柿崎の、厚塗りの油絵具によって描き出されるパノラミックな風景画は、粗いマチエールにもかかわらず、色味の変化を丁寧に捉えているために、対象が明確に浮かび上がって見えます。一見するとクラシカルな油画といった印象を受けますが、西洋の常套的な風景描写で使われる透視図法における中心点がありません。彼の描く静物画には、それがより顕著に現れています。並んだりんごと洋梨がキャンバスの端で切られており、画面内に心地よくモチーフが配置された西洋絵画を見慣れた目には少々不自然に映ります。彼はキャンバスの中に一つの視点を基にした風景をテクニカルに再現しようとしているのではなく、まるで全方向に向かって広がる世界をキャンバスの形に切り取っているかのようです。


自然とは、本質的に中心がなく、柿崎もまた、世界を中心無きものと捉えているのではないでしょうか。今世紀、中心無き世界へのシフトは加速するばかりです。特定の人物の号令のもと皆が動くのではなく、それぞれの個人が自らの意思を表明し、行動する。それを可能にしているのは言うまでもなくインターネットやSNSの普及であり、私たちはそういった世界を生きている。柿崎の2次元空間を目の前にすると、彼の描く自然は現代社会のメタファーなのではないかと思わずにはいられません。

Artist introduction at a solo exhibition

Kakizaki’s works feature scenes from around the green belt of Tokyo, areas like Koishikawa Botanical Garden, Shinjuku Gyoen National Garden, and Inokashira Park. Unlike the vast nature of the world, these domesticated patches of nature are controlled by people—allowing those to face nature in a comfortable and peaceful setting. Perhaps for Kakizaki, who was born in Tokyo, this is what nature is.

Kakizaki's panoramic landscape paintings are drawn with thick oil paints, despite the rough texture of the work, he carefully captures the changes in color, making each object visible. At first glance, it gives the impression of a classical oil painting, but it lacks the central point perspective often implemented in traditional Western landscape artworks. This is even more pronounced in his still lifes. Lined apples and pears are cut off by the bounds of the canvas, which may feel a little unnatural to those who are used to viewing Western artworks. Kakizaki is not trying to technically reproduce the landscape based on a single viewpoint, but rather it is as if he is capturing the world in all directions and expressing it on the canvas.

Nature is essentially centerless, and Kakizaki also sees the world as centerless. This century, the shift to a centerless world is only accelerating. Rather than following a central person, individual thought and action are more prevalent. Needless to say, we are living in such a world where the internet and social networking makes this possible. When viewing Kakizaki’s 2 dimensional world, one cannot help but think his work is a metaphor for modern society.


 Gaku Kakizai Interview

Post Date:2023-06-07

“風景画なら自分がその場で感じた感動を、絵を見る人もそのまま体感してもらいたいです。” 

“I want the viewer to experience the same emotions that I felt in the scene.” 

 

1981年東京生まれ。武蔵野美術大学で油画を専攻し、2012年に修士課程を修了。
 Born in Tokyo in 1981, Kakizaki graduated from Musashino Art University in 2012 with a master’s degree in Oil Painting. 

 

 

 

--- いつ頃からアーティストを目指すようになりましたか?
 --- When did you start aiming to become an artist?
 
 21歳くらいの頃、音楽をやりながら大学は行かずフラフラしていたのですが、本や音楽から得た知識で、段々と絵画に興味を持つようになりました。そして画集でエゴン・シーレや岸田劉生の絵を見て画家になろうと決心し、22歳の頃美術の予備校に通い始めました。24歳の時に美大に入学したのが始まりです。
 When I was about 21 years old, I was playing music and not going to college, but I gradually became interested in painting through the knowledge I gained from books and music. After seeing the paintings of Egon Schiele and Ryusei Kishida in art books, I decided to become a painter and started attending an art prep school when I was 22. Then, when I turned 24, I entered an art college. 

 

 --- アーティストになりたいと思った理由は? 

--- When did you start aiming to become an artist? 

 

表現の一つとして絵画がとても魅力的で説得力があると思ったからです。自分が影響を受けた画家たちの絵はそういう風に思わせるくらい衝撃的で魅力的でした。 

I thought that painting was very attractive and persuasive as a form of expression. It was so shocking and fascinating that the paintings and of the artists who inspired me, could make me feel that way. 

 

 

--- どこでどのようにアートを学びましたか? 

--- Where and how did you learn art? 

 

大学や出会った人たち、先人たちの作品から。そして絵は進化していくので、絵を描いている時に感じたことや、出来上がった作品から学びます。 

From college, people I met, and the works of my predecessors. And since painting evolves, I learn from what I feel when I am painting and from the finished work. 

 

 --- 何からインスピレーションを得ますか? 

--- What do you get your inspiration from? 

 

風景の場合は、美しい、素晴らしいと思った瞬間です。 

その場の雰囲気、空気、光や色など、色々なものの全てが組み合わさって感動し、絵にしたいと思います。 

In the case of landscapes, it's the moment when I feel something is beautiful or wonderful. The atmosphere of the place, the air, the light, the colors, and many other things all combine, moving me and making me want to paint. 

 

 

--- 作品を通して何を表現したいですか? 

--- What do you want to express through your works? 

 

絵画でしか表現できないことだと思います。風景画なら自分がその場で感じた感動を、絵を見る人もそのまま体感してもらいたいです。例えば本当に絵の中の小道に入って森の中を歩いていけるようなリアルな感じです。 

I think it is something that can only be expressed through painting. For landscape paintings, I want the viewer to experience the same emotions that I felt in the scene. For example, I would like the viewer to feel as if they were walking through the forest on the path in the painting. 

 

 

--- どのようにして制作しますか? 

--- How do you create your works? 

 

カンヴァスに油彩で描きますが、筆はほとんど使わず、ペインティングナイフだけで描きます。 

白いカンヴァスに向かい合うときには、完成図は頭の中にあるので下絵も描かず、カンヴァスのはじから絵の具を少しずつつけていきます。 

絵の具をたくさん載せるようになったのは、絵の具のタッチ、痕跡を残したいと思ったのと、屈強な油彩のマチエールに魅力を感じたからです。 

色々試行錯誤し、進化してこのような描き方に自然になりました。 

I paint with oil on canvas, but I rarely use brushes, only a painting knife. 

When I face a white canvas, I don't make a rough sketch because I have the complete picture in my mind, and I start applying paint little by little from the beginning of the canvas. 

I started putting a lot of paint on the canvas because I wanted to leave the touch and traces of the paint, and because I was attracted to the strong matière of oil painting. 

Through a lot of trial and error and evolution, this way of painting came naturally to me. 

 

--- なぜ今いる場所を選んだんですか?
 --- Why did you choose the place where you are now?
 
 身近にある自然や風景を題材にしてきました。それにこだわらず、
 今後は海外など色々なところへも行き、制作し活躍していきたいです。
 I have been using familiar nature and scenery as my subject matter. I don't want to be limited to that. In the future, I would like to go abroad to create and be active in various places.